[ 戻る ]


テトラオドン・ショウテデニィ
学名:Tetraodon schoutedeni   Pellegrin, 1926
英名:Leopard Puffer,Spotted Congo Puffer?

■特徴
アフリカ、コンゴ川に生息する、10センチ前後の小型のフグ。入荷数は極めて少なく、時折、ムブの幼魚に間違えられて入荷される。海外では幼魚の孵化まで成功したが、初期飼料がわからず繁殖に失敗。
■管理方法
不明。
■分布域 アフリカ
コンゴ盆地、ザイール川 (別名:コンゴ川)

■生息地の情報
不明。
■体長
50-70
cm
■餌
甲殻類、小魚。
■水質
弱酸性-
中性
■水槽での移動範囲
水槽全体
■必要になる水槽の大きさ
36-40cm
■繁殖例
海外で、求愛中のオスが、自分より大きいメスのお腹を噛んだというレポートがある。その後、浮き草の下に卵は産みつけられ、受精後に卵は水槽の底に沈んでいったそうだ。
■混泳
単独飼育(1匹飼育)
■毒性
不明