[ 戻る ]


テトラオドン・パストゥレイタス
学名:Tetraodon pustulatus Murray, 1857
英名:Cross River Puffer

■特徴
ストライプ模様が4、5本入るファハカに似たフグ。またストライプ模様の中には薄いオレンジ色のスポット模様が入ることがある。カメルーンとナイジェリアをまたがるクロスリバーで生息が確認されている。また河口近く生息するともいわれているが、生体の写真ですら見れない非常に珍しいフグ。
■管理方法
不明。
■分布域
アフリカ
カメルーン、ナイジェリアのクロスリバーから生息を確認。

■生息地の情報
河口近くに生息するという情報あり。
■体長
36cm
■餌
不明。
■水質
弱酸性-中性
■水槽での移動範囲
不明。
■必要になる水槽の大きさ
60x45x45cm
■繁殖例
不明。
■混泳
不明。
■毒性
不明。