[ 戻る ]


テトラオドン・ファハカ
学名:Tetraodon lineatus   Linnaeus, 1758
英名:Coral Butterfly / Nile puffer / Banded puffer

成魚

幼魚

■特徴
大きなものでは、50センチにも成長する。成長するにしたがい黄色と小豆色のストライプ模様がクッキリと表れ大変美しいくなる。また尾びれも長く伸びる。性格は大変凶暴なため、単独飼育を基本とする。地域差により亜種が存在する。
■管理方法
砂に潜ることがあるので、なるべく目の細かい砂を使うとよい。コードなどを齧るクセがあるので、感電に気をつける。噛む力が強く指など噛み切られないように注意する。
■分布域:アフリカ
ナイル川、チャド盆地、ニジェール川、ヴォルタ川、ガンビア川、セネガル川、ゲバ川(ギニアビサウ共和国)、トゥルカナ湖(ケニア)

■生息地の情報
河川や湖、ダムなど人口の貯水地などにも生息している。また塩湖でも生息を確認。
■体長
45-50
cm
■餌
甲殻類、貝類、小魚、人工飼料。
■水質
弱酸性-中性
■水槽での移動範囲
水槽全体ではあるが、やや底性。
■必要になる水槽の大きさ
90x45x45cm
■繁殖例
日本で産卵に成功
レポート:Naoki.Kobayashi
■混泳
単独飼育(1匹飼育)
■毒性
不明