[ 戻る ]


テトラオドン・ドゥボイシィ
学名:Tetraodon duboisi  Boulenger, 1902
英名:Dubois'Freshwater Puffer / Stanley pool puffer


写真提供:かもめパンさん


写真提供:かもめパンさん

■特徴
輸入量は少なく、時折ミウルスに混じって入荷されるくらいで、本種だけが輸入されることは滅多にない。体形はミウルス似であるが、全身にやや大きめのスポットが入ること、目の位置がやや横についていることで判別が出来る。
性格は、ミウルスより、ファハカやムブに似ており、睡眠中は砂の中にいるが、普段は水槽中層部で泳いでいたり、砂の上で休んでいることが多いようだ。(かもめパンさんレポートを参照)
■管理方法
性格は荒く、単独飼育となる。ときおり砂の中に潜る性質があるので、なるべく目の細かな砂を使う。
■分布域 アフリカ
中央アフリカ、コンゴ、コンゴ民主共和国
コンゴ川(別名:ザイール川)
スタンレイプール(コンゴとコンゴ民主共和国の境界を流れるコンゴ川の広域の名称)に多く生息する。

■生息地の情報
不明
■餌
小魚、甲殻類(エビ、カニ)
餌の獲り方は、ミウルスのように砂に潜って待ち受け一瞬で口の中へ吸い込むタイプではなく、ファハカのように砂の中や物陰に潜んでターゲットに狙いを定め、追いかけて捕食するタイプであるらしい。(かもめパンさんレポートを参照)
■体長
10-18
cm
■水槽での移動範囲
底性。
■水質
弱酸性-中性
■繁殖例
不明
■必要になる水槽の大きさ
40-45cm
■毒性
不明
■混泳
単独飼育(1匹飼育)