[ 戻る ]


テトラオドン・アベィ
学名:Tetraodon abei   Roberts, 1998
英名:Abe's puffer


photo:かもめパンさん


photo:かもめパンさん

■特徴
黒っぽい地色に無数のオレンジ色のスポットが入るのが特徴。スポットの色を除けばメコンフグに大変良く似ている。またアビィという学名がつくまでは、メコンフグやレイウルスと同種として扱われていたようだ。もしかするとメコンフグの亜種である可能性もある。

吻の部分の長い個体と短い個体を確認。それぞれの模様の違いは特になし。(かもめパンさんレポート参照)

■管理法
メコンフグと容姿は似ているが性格は、比較的大人しい。個体を選べば混泳も可能かと思われる。また夏場の高水温(30℃)にも比較的丈夫のようだ。(かもめパンさんレポート参照)
■分布
タイ、ラオス、チェンマイ

■生息域
タイ、ラオス、ミャンマーのメコン川支流の渓流域といわれているが、タイ北部のチェーンコーンあたりでは、メコン川本流でも採集報告が聞かれる。
■体長
12-13cm
(かめもパンさんレポート)
■餌
冷凍アカムシ、甲殻類。
小魚は食べませんでした。ショップによっては金魚を与えていたところもあるようで個体差だと思います。
(かめもパンさんレポート)
■水質
中性-弱アルカリ性
■水槽での移動範囲
普段は水底にいて物陰で休んでいますがたまに泳いでいました。慣れるとエサをねだって泳ぐようになりました。
(かめもパンさんレポート)
■必要になる水槽の大きさ
36-45cm
■繁殖例
不明。
■混泳
繁殖を前提とした3匹による混泳をしていましたがほとんど争いはありませんでした。(40x40x40水槽)。
また小魚(エスペイ)との混泳も全く問題ありませんでした。
ただ細長いものは興味をそそるようでローチの類は食べないにしろ殺されてしまいました。
(かめもパンさんレポート)
■毒性
不明。