[ 戻る ]


アカメフグ
学名:Carinotetraodon lorteti   Tirant, 1885
英名:Crested Puffer / Lortet's / Red-bellied puffer / Somophong's puffer

オス

メス

■特徴
通称アカメフグと呼ばれているカリノテトラオドン属の小型フグ。主にタイ、カンボジアに生息する。繁殖期になると、オスの体はメタリックパウダーブルー色に大変美しく染まる。見かけはかわいらしいフグだが大変気が荒く、なわばり範囲もかなり広いので複数飼育には向いていない。また水質の変化にとても弱く、水合わせや水換えのときに注意を怠るとあっけなく死んでしまう。


Somphong's puffer, redeye puffer or crested puffer (Carinotetraodon lorteti)は、タイ、カンボジア、ベトナムなどの東南アジア大陸部に生息する小型の淡水フグである。過去には水族館用に採集されたこともある。

東南アジア沿岸の運河や汽水域に多く生息している。例えばタイでは、バンコクのトンブリの運河で、密集したホテイアオイの中に隠れているのをよく見かけるが、希少種である。オスは赤い体にルビーのような赤い目をしていて、メスよりもかなり大きい。成熟したときの大きさは約3インチ(約7cm)[2]。

通称(かつて使われていた固有名を含む)は、タイの魚類探検家でアクアリウム商人のソンポン・レック・アリーが、世界で新たに3種の淡水魚(ドワーフドジョウ(Ambastaia sidthimunki)、ディシェロドントゥス・ハレイ(旧プンティウス・ソンホンシ)、ソンホンズラスボラ(トリゴノスティグマ・ソンホンシ))を発見したことにちなんでいる[3]。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
■管理方法
大変気が荒く、テリトリー範囲が広いため単独飼育となる。PHショックで落ちやすいため、水換え、水合わせは慎重に行う。明かりを好まないので、流木や水草などで隠れ家を作るとよい。
■分布域
タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、マレーシア、ミャンマー。

■生息地の情報
不明。
■体長
4
-6cm
■餌
アカムシ、イトミミズ、ミミス、水中昆虫、巻貝
■水質
酸性-弱酸性
■繁殖
繁殖レポート:Toshiya.Nishimura
■必要になる水槽の大きさ
36-60cm
■水槽での移動範囲
水槽全体
■混泳
単独飼育(1匹飼育)
■毒性
不明