[ 戻る ]


レッドテールアカメフグ
学名:Carinotetraodon borneensis Tan, 1999
英名:Redtailed Redeye Puffer

オス

メス

■特徴
最大でも6cmほどにしかならない小型のフグ。外見は海に生息するキタマクラに類似する。一見するとアカメフグのようだが、やや細長い体型であること、オスの尾びれが全体的に赤くなり、背中まで赤みがかることから容易に判別することが出来る。水質はアカメフグほどうるさくはなく、丈夫で飼育しやすい。
■管理方法
性格は大人しく、他魚の鰭を齧ることはあるものの、種を選べば混泳は可能。オス同士の喧嘩も、睨(にら)み合ってお腹と背中の皮を伸ばす威嚇(いかく)行為だけなので、大変平和な性格といえる。それでも複数飼育をする場合は、小さな諍いを避けるために水槽は出来るだけ大きめが無難。レイアウトも水草や流木などを用いてなるべく複雑にしたほうがよい。
■分布
インドネシア
スマトラ島のみ。

■生息地の情報
ジャングルを流れる川やジャングルの中にある水溜まり、ブラックウォターの小川。
■体長
4-6cm
■餌
アカムシ、イトミミズ、ミミス、水中昆虫、巻貝
■水質
酸性-弱酸性
■水槽での移動範囲
水槽全体
■必要になる水槽
36-45cm
■繁殖例
あり
■混泳
種を選べば可能
■毒性
不明